安心の海外旅行保険

海外旅行保険で気をつけたいポイントを紹介

安心感がある海外旅行保険の選び方とは

どのようなケースで補償があるのか

海外旅行保険は渡航中に起きた、様々なトラブルに対応があるのが一般的です。基本的に、自身が怪我をしたり病気になったケースでは、対応があるのはイメージしやすいでしょう。しかし、実際には他にも、自身が加害者になって民事賠償の責任が発生したり、家族が現場に訪れる際の費用も補償してくれたりします。万が一の死亡や後遺障害の発生への備えにもなり、何かと心強いです。このような補償は確かに、クレジットカードでも用意されているケースもあるものの、じっくりと見ていくと補償額が低かったり、内容も充分ではないことが多いので気をつけて下さい。海外旅行では思わぬところで多額の支払いを請求されることがあるため、対応力のある海外旅行保険を選んでいくことが大切です。例えば外国の制度によって、医療機関を日本と同じ感覚で利用すると、思いもよらない金額になることがあります。この補償については自宅を出発してから、自宅に帰ってくるまでが対象になるのが一般的です。空港で契約する時には、自宅から空港までの分は対象にならないので、インターネットで契約したほうが安心度は高いでしょう。

誰が加入し、どれ位の期間の補償を受けられるかをチェックすることが重要です。まず、海外旅行保険は加入者が個人なのか家族なのかでプランが変わってきますから、これは注意点。補償を受けられる期間は3ヶ月程度が目安ですから、途中で切れたり過剰にならないよう気を付けましょう。補償内容については渡航する国の治安や、自身の持ち物の額などから判断してくことが大切になります。この点についてはフリープランで、補償内容を自由に組み立てられる保険商品が登場しているため、それを利用してみるのも良いでしょう。他には補償の例外と、サポート体制の充実さも気をつけたい点です。いかに補償内容が優れていても、例外が多ければ満足な保険とは言えません。戦争状態であったり、特定の行為をすると免責となっているケースがあるので、これは加入前にしっかりと確かめましょう。サポート体制については、渡航した後もしっかりと相談しやすく、保険金の受け取りもキチンとできるかを確かめておくことが重要です。

病院のキャッシュレスタイプと立て替えの違い

海外で病院を使う際には、海外旅行保険の補償を受けられる可能性があります。ここで注意したいのが、その時の支払についてです。これには自身で現金を払う必要がないキャッシュレスと、一旦は自身で支払ってから、後で保険会社に請求する立て替えの場合があります。どちらを選ぶかについては、色々な考え方がありますが、キャッシュレスは自分のお金を使わないので安心感があります。対して立て替えの場合は、自分で支払ってから帰国後に保険会社に請求しても、保険がおりないこともあるようです。こう書くとキャッシュレスのほうが有利ですが、こちらは提携病院でないと利用できなどのデメリットもあります。この辺りは現地の病院事情を確かめて、決めていくようにしましょう。

人気記事ランキング